弁護士に交通事故被害について相談できることは、現実的な解決の糸口となります。複雑な手続きを一手に引き受けてくれたり、保険会社との交渉をしてくれたりするのも、その一つ。ときには、医療機関に付き添って医師と話し合ってくれたり、裁判になったときにも心強い助けとなってくれたりします。そんなスーパーマンのような存在の弁護士は、精神的にも安心感を与えてくれます。自力で保険会社との交渉を行ったり、被害者請求を行ったりするのは、大変なことです。大変とは思わないままに、不適正な慰謝料で示談を迫られ、OKしてしまうことにもなりかねません。そのようなことの歯止めとなってくれるのも、弁護士なのです。

加害者の保険会社が提示する示談金の金額は低いという噂を耳にしたことはないでしょうか。それはウソではありません。事故の被害者に対して最初に提示される示談金の金額が,法律上請求することのできる最高額になることはまずありません。

交通事故に初めて遭って、損害賠償を請求するときなど、何から手をつけたらよいのか、サッパリわからないでしょう。そんなときでも、交通事故被害の案件に熟知した弁護士に相談すれば、何から何までアドバイスしてもらえます。弁護士に相談するのは費用が心配という方でも、無料相談窓口を設けている弁護士事務所は多数存在。相談をした弁護士と必ずしも契約をする必要はありませんから、まずは相談してみようという気軽な気持ちで、利用することをおすすめします。